七五三は毎年11月15日に行われる子供の成長を祝う大切な行事であり、現代の日本において子供の着物姿を見られる貴重な機会でもあります。7歳の女の子であれば最後の七五三となり、その分準備にも力が入るものです。しかし3歳の時と何が違うのか、また衣装のレンタルはどうすればいいのかと悩んでいる親御さんもいるはず。

今回はそんな7歳の七五三について説明していきます。

七五三のしきたり

七五三は男の子と女の子では祝う年齢が異なります。男の子は3歳と5歳の時に袴を着させて祝いますが、女の子は3歳と7歳の時に祝います。男の子であれば3歳でも5歳でも作りが同じ袴を着せても大丈夫ですが、女の子の場合3歳と7歳と男の子よりも年齢に幅があり、それに伴って体格も変化しているため、作りが異なる着物が必要になります。

3歳と7歳の七五三で違うこと

3歳の着物

3歳の七五三では大人の着物とは異なる三つ身という、幼児用にお腹周りをゆったりと締める着物を着せ、その上に被布という袖がない上着を重ねます。

7歳の着物

7歳になると大人と同じように帯を締めて着物を着ることになります。着物は体格によってことなるものの、四つ身か本裁ち四つ身(大人用の着物と同様の裁ち方で作られた子供サイズの着物のこと)という着物から選ぶことになります・

7歳の七五三で必要なもの

7歳の七五三では3歳の時よりも必要なものが増えます。着物を買う場合でもレンタルする場合でも、準備する際には何が必要かしっかりと確認しておきましょう。

  • 着物
  • 襦袢
  • 半衿
  • 草履
  • 帯揚げ
  • しごき
  • 帯締め
  • 箱迫
  • 扇子
  • タオル
  • 足袋
  • 伊達締め
  • 帯板
  • 帯枕

七五三の衣装のレンタル

最近の七五三では、フォトスタジオで写真撮影と一緒に衣装も借りることが多いですが、レンタルする際に特に気になるのがその予約時期。一体どの時期に頼むのがベストなのでしょうか?

6月頃の予約がベスト

大人であれば短期間で体格が急激に変わるということはあまりないので、年単位での予約が可能です。しかし成長のペースが大人よりも早い子供の衣装をレンタルする七五三の場合、あまりにも早く予約すると衣装のサイズが合わないという事態に陥る可能性がありますが、逆に七五三が行われる11月近くになって予約をすると、かなり混雑する上に料金が高くなってしまいます。そのため七五三の衣装を予約するときはそのタイミングが重要になっていきます。6月であればそれほど混んでおらず、また子供もそこまで成長していないのでおすすめです。

時期をずらして前撮り、後撮りするという手も

七五三は11月15日に行うのが普通ですが、最近では4月頃から前撮りをしたり、予約の混雑が過ぎた1月頃から後撮りをしたりする家庭も多くなっています。なので時期に特にこだわりがなければ、前撮りか後撮りをするという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?

【参考】