着物は現代ではあまり着られなくなったものの、その華やかな柄や清楚で上品な佇まい、そして成人式や結婚式など人生の大切な節目で着るものでもあるため、今でも女性の憧れです。しかし着物は普通のものでも洋服と比べて高価であり、いいものを買おうとすると現金やクレジットカードで一括払いができないという高級品もあります。そういう時にローンを組むことが思い浮かびますが、着物でローンを組むということはできるのでしょうか?

着物でローンは組める

ローンというと家や車などの大きな買い物をする時にするというイメージがあるため、着物でローンを組むというと何だか変な感じがするという方もいると思います。しかし高級品を一式で買う際にローンを組むというのは意外と普通であり、さらにローンの中には着物専用のものがありので決して変なことではありません。ただし着物でローンであってもローンはローンなので注意点があります。

ローンする際の注意点

短期間でかつ返済日を守って返す

ローンでは着物の値段だけではなく金利の分まで返済しなければいけません。金利は返済する期間が長ければ長いほど多く払う必要が、つまり返済額が多くなってしまいます。さらにローンを組むと返済日というものがあります。返済日までにローンを返し終えることができなければ延滞金が発生し、返済額が増加する恐れがあります。返済額を最低限で抑えられるよう、短期間で返済日以内に返すようにしましょう。

生活に影響がでない程度に返済する

ローンを組む上で上記のように短期間で返済日以内で完済するのは大切ですが、早く返済しようとして無理な計画を立ててしまうと、生活費がひっ迫して生活に支障が出る場合もあります。約100万円の着物一式であれば、ローンを1~2年以内に完済できるように計画を立てるのが最適です。ローンを早く返したいという気持ちはわかりますが、完済を焦ったせいで生活が乱れて体を崩し、自力で返済できなくなってしまったら元も子もないので、ある程度余裕を持って返済していきましょう。

着物専用のローン「やまとなでしこローン」

着物を分割払いで購入するとなると、カードローンやクレジットカードが思い浮かびますが、「やまとなでしこローン」という着物専用のローンがあることをご存知でしょうか? 「やまとなでしこローン」はスルガ銀行が提供している唯一の着物専用ローンであり、着物であれば年利は7.0%とカードローンやクレジットカードよりも低金利で、しかも返済期間は最長84回払いとかなりゆとりを持って返済することができるのでおすすめです。

【参考】